読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルタン星人になる日

末期ガン余命6ヶ月『終活日録』

無様

鳩尾に急激な傷みが遂に来たんだ・・・

私は部屋で1人苦しくて苦しくて

どうしていいのか分からなかった。

 

泣きたくて叫びたくてただ怖くて。

 

こうなった時にどう対処するのか

死ぬのが決まってるのに救急車は?

いつもは脇腹や腰の傷みを抑える

薬を胸の痛みにも使えると気付く。

 

薬を飲んで1時間で少し落ち着く。

痛みを無くしたわけじゃないんだ。

痛みを感じないようにしただけで

もうこんな事になってしまってる。

 

 

痛い間もうダメだと思った間

私は情けなくて仕方なかった。

片付けて逝きたいのに部屋は

岡山からの荷物で溢れていて

結局こうなんだと中途半端と。

やり残した事が沢山ある事に

無念で堪らなくなって自分は

やっぱりちゃんとしてなくて。

 

余命3ヵ月に保証はないから

年越しもまだ分からない事で

クリスマスさえ危ういかもと。

 

いつ逝っても不思議じゃない。

そしてそれは結構近い事だと

思い知らされた初めての激痛。