バルタン星人になる日

末期ガン余命6ヶ月『終活日録』

新築

嬉しかった。

彼女が私に

見せたいと

思ってくれ

こんなにも

してくれた。

 

嬉しかった!

 

・・・

新築住宅に送迎付き車椅子付きで

招待して貰えての長距離ドライブ!

 

多少無理をしてでも行きたかった。

私に大切なものを見せておきたい、、

そんな彼女の気持ちを感じたから。

 

大きな丸ごと家族を包む家だった。

ご主人に子供達と羨ましい環境で

安心させられました友人の幸せな

光景は先逝く私の大好物ですから。(笑)

 

・・・

娘達がまた可愛くてこちらが興奮!(笑)

渡したプレゼントを大事にすると

言ってくれて自分の娘との関係を

考えさせられるけどそこは手遅れ。(涙)

 

・・・

彼女はちっちゃい頼れるお姉さん!

心配してくれて甘えさせてくれる。

 

↓(以前に貰ったメールより)

・・・
なんとなくね、駄目なのに無理してるような気がして、自分がどんな状態なのか隠してるような感じがして、不安に思ってた。
話を聞いてから、一年たったから、余計に心配してた。
だから、退院の連絡ないとき、もう会えないのかと、実はびくびくしてた。

隠さないでいて欲しい。ちゃんと話して欲しい。苦しかったら苦しいって、痛かったら痛いって。替わってあげられないけど、聞くから。
いつでも返事だすし、会えるなら会いに行くから。無理しないで欲しい。
辛いのに、我慢しなくていいよ。お願いします。

 

・・・

いつもありがとう!大好きだよ!

広告を非表示にする